八街ファイターズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 12月4日の結果

<<   作成日時 : 2011/12/06 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

12月4日結果
 練習試合6年生 対内野シャークス
 八街 12 対 3 内野
 
 練習試合5年生以下 対内野シャークス
 八街 0 対 32 内野
 失点八街Fギネス記録

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様ですニ
青森県八戸市より書き込みしています
八戸は寒いです「
日曜日の5年生以下の練習試合は32失点と散々な結果でしたヌ
が、私はそこまで悲観的には考えていませんニ
なぜなら…今の時点では全く野球になっていませんが、試合前に子供達に言った『どんな内容になっても会話・確認は徹底しよう』という指示は最後までしっかり出来たと思うからです
普通、32失点もしたら会話どころか、声も出なくなりますよ…。あの子達の『6年生のようになりたい。強くなりたい。』という気持ちはしっかり伝わってきます奠
この気持ちを持ち続ければ、すぐに結果が出なくとも、必ず良い結果となって形に表れると思います捧フ
私は子供達のやる気を信じたいと思います
彼らに足りない物はズバリ『スピード』です。1つ1つのプレーが遅い→テンポが悪い→守備の時間が長い→エラーが出る→大量失点という悪循環になってしまいますミ
まずは練習から野球のプレーも野球以外の動きも『スピード感をアップさせる努力』をしていきましょう囂ナらず、1つ1つゆっくり進めば…ニ
八街F29
2011/12/07 11:37
明日は6年生最後の大会「佐倉シニア杯」ですね!なのに・・・私はまだ青森県八戸市におります。明日は八戸から6年生の応援をしています!NO1へ 明日も自信をもって投げてくれ!「ひじの角度・ひじを抜いて、ひじから出す」は投球練習から常にチェックする事!

NO2へ 内野戦にNO1が2ベース打たれた直後にタイムを取り、間を空けたのは素晴らしい!明日も「試合の流れ」を読みながらリードしてくれ!

NO11へ 守備面では難しい事を考えずに「とにかく止める!」みんなNO11の「打撃」に期待してるんだから、初球の甘い球は積極的に振る事!

NO5へ とにかく持ち味の「相手が嫌がるプレー」を徹底してくれ!最近はいい間を作れるようになった!副主将として、NO10の代役頼むよ!

NO3へ 実力はチーム1・2を争うのに・・本番では緊張してなかなか実力を出し切れない。もう技術うんぬんではないよ!明日はとにかく「自信を持って」試合にのぞんでほしい!お前ならやれるさ!

NO4へ 最近は「チームの精神的な柱」として立派にやってくれてますね!明日もチームを積極的にまとめてくれな!打撃は「トップからポイントまで最短距離で」

NO7へ 打撃復活!明日も難しい事を考えずに「来た球をフルスイング」するのみ!

NO6へ 打撃フォーム改造途中だけれど、無駄な動きが減って、ミート力が着実にUPしてます!とにかく「頭を前に突っ込まない」「その場で軸回転する」

NO8へ 大将!いよいよ本番だぜ!もうお前は入団した頃のお前じゃないんだから、自信を持って行こうぜ大将!守備は両膝ついてでも「止めろ!」打撃は一球・一球に「魂込めて振れ!」お前なら絶対にやれるさ!
NO9・NO24は「常に試合に入れる準備」を忘れるな!
みんなの健闘を祈ります!
八街F29
2011/12/09 21:43
週末お疲れ様でした。
昨日の八街南との練習試合、午後からの新チームの試合は内容的に満足出来る試合でしたね
内野シャークス戦での32失点したチームとは思えない試合内容でした!
新たな目標「野球のプレーも野球以外の行動もスピードを上げる」という指示を子供達が徹底してくれました
特に5年生3人の「自分達がやらなきゃならないんだ!」という自覚がヒシヒシと見ている人にも伝わってきましたよね
まだまだ個々の基本が出来ていないとは言え、一冬越えた後のチームが楽しみになりました
「テンポ・会話・確認」の三原則を今後も子供達の頭の中に浸透させていきたいと思います

土曜日に行われた6年生最後の大会「佐倉シニア杯」に仕事で参加出来なかった事は本当に6年生には申し訳なかったと思います
が、昨日の八街南戦を見て本当にガッカリしました・・・
今まで何をやってきたのか・・・
今まで何を教えてきたのか・・・
確かにチームとしての目標であった「八街杯制覇」は素晴しい「結果」でした。しかし、6年生諸君の野球人生は「まだ始まったばかり」なのです!
目標を見失う、燃え尽きる、なんて気持ちは「6年早い」って話です。。。。
この先の野球人生をどう進むのか、その為には今、何をしなければならないのか。各々がしっかり考え、行動してほしいと思います。
去年から、チームが八街杯後に切り替わったように、今年もこれから新チームに徐々に切り替わって行きます。卒団までの期間を「無駄な時間」にせず、新しい野球人生への「大事な準備期間」として過ごしてほしいと切に願います。

八街F29
2011/12/12 12:53
先程書き込みした「6年生のこの先の野球人生」について私なりの考えを書き込みします。

現状、選択肢としては「中学軟式野球」か「硬式野球クラブチーム」のどちらかになると思います。
本来であれば、「部活動」という学校の教育の一環として野球が出来れば・・・と思っていますが、現在は指導者のレベル・野球のレベル等々の問題があるのは確かです。
私の長男が卒業した千葉敬愛高校野球部の選手は7〜8割が硬式野球クラブチーム出身者でした。
クラブチーム出身者の父兄に聞くと、中学校の軟式野球に行く選手は少なく、ほとんどは硬式クラブチームに入るそうです。
八街では「佐倉シニア」が主流ですね。現にファイターズの卒団生も数名お世話になっています。野球のレベル・環境共に全国トップレベルです。
ただ、6年生全員が佐倉シニアに入っても通用するのか?という不安もあります。
選手個々の考え方・親御さんの考え方もあります。
「たとえ三年間、試合に出られなくとも全国レベルの佐倉シニアで野球がやりたい」それも立派な考え方です!
「自分のレベルに合ったチームで野球がしたい」これも立派な考え方です!
私は一少年野球の指導者として「自分の教え子達が野球を続けて、できれば高校野球で頑張ってる姿が見たい!」その気持ちだけなのです。
幸いにも私の息子は二人とも高校野球まで野球を続けてくれました。正直、長男の千葉敬愛高校では本人も親も辛い思いが多い三年間でした。でも、最後の夏、負けてグランドから泣きながら出てきた息子が「父さん甲子園に連れて行けなくてゴメンね」と言ってくれた一言で今までの苦労も吹っ飛びました。ファイターズの選手・父兄にも「高校野球の素晴しさ」を体感してほしいと思います!その為にも「大事な中学三年間」をどこで、どのような野球がしたいか、一度子供と話し合ってみてほしいと思います。

八街F29
2011/12/12 19:43
今後の「チーム選び」・「高校野球選び」の参考になれば・・・。まず千葉敬愛高校という学校自体が「ブランド志向」の強い学校でした。野球部の指導者も「育てる」という考え方は無く、出来る選手を集めて「使う」という感覚でした。ただ、私がファイターズの子供達に「試合に出たければアピールしろ!」という考えは千葉敬愛で私が学んだ事です!
私の長男は私に似ず(?)引っ込みじあんな男ですが、高校三年生になって後輩がたくさんできても「バット引き」をやっていました。練習試合を見に行く私は「何で3年生にもなってバット引なんかやってんだよ」と不満タラタラで言うと「攻守交替の時に素振りしてれば、ベンチにいる監督の一番近くでアピールできるんだよ。代打でも何でも試合に出たいからね」と言うのです。
まさか自分の息子がこんな事を考えて野球をやってたとは!!部員の多い野球部で少しでも自分をアピールする事の大切さを自分なりに考えていたとは!!
逆に次男の千葉黎明高校では楽しい思い出が多かったです。何より学校の先生も野球部の指導者も一生懸命指導して頂きました。千葉黎明高校野球部で私が学んだ事は「教わった事を自分達で考え、練習を中断してでも選手ミーティングをして自分達の答えを出す」という野球です。これも今のファイターズの選手には反映させています!
この先の野球人生で一番大切な事。それは「指導者」だと私は思います。如何に良い指導者の下で野球が出来るか。それが卒業しても「母校愛」につながると思います。
私の長男は残念ながら千葉敬愛高校野球部に全く興味がありません・・・(私も)。しかし次男はいまだに千葉黎明高校野球部が大好きで、千葉低迷高校になってしまった今も野球部を心配しています。
これが二人の決定的な「違い」です。
ファイターズの子供達には「母校愛」を持てるような学校で野球をしてほしいと願うばかりです。
八街F29
2011/12/12 20:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
12月4日の結果 八街ファイターズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる